top of page

Founder​ Message

「余白」は、幸せへの気づきを生む。

本当に大切なものは、目に見えない。

そして、忙しくしているとその姿になかなか気づけない。

 

これは、私が20代で体に不調が起こり、お仕事を休んだ期間に学んだことです。

 

私は16歳からモデル活動を開始し、およそ10年間、朝から晩まで走り続けてきました。

とても楽しくて充実した10年でしたが、27歳のとき、体を壊して休養を取ることとなり、仕事をお休みする期間が続きました。

 

その期間が、私にとってのターニングポイントでした。

 

息をつく間もない忙しさの中にいるときは、それがすべて自分のやりたいことだと思っていました。

 

でも、心身をゆるめているときにふと気づいたのです。

「私はこれまで、もしかしたら無理をしていたのかもしれない」と。そして、

「もっと自分のペースでやってみてもいいのかな?」と思えたのです。

そうして吹っ切れたら、本当に自分がやりたいことや大切に思う人たちの存在がくっきりとしてきました。

「余白」

Herzが大切にしている言葉です。

時間、物質的な余裕も含まれますが、心の余裕も意味しています。

カーテンを開けて朝日を浴び、深呼吸したり、丁寧にスキンケアを施したり、自分の心に栄養を与えて、自分を大切にすること。

特別なイベントがなくても、幸せは日常にたくさん落ちています。

ちょっとしたことに心が動く瞬間を持てたなら、毎日の豊かさに気づけるようになる。

周りの大切な人たちへの関わり方も変化します。

相手の素敵なところがたくさん見つけられて、一緒に笑顔でいられる時間が波紋のように自然と増えていく。

私自身、人とのふれ合いではじめて発見できることがたくさんあります。

Herzは、日常に満ちあふれる

「ちいさな幸せ」への”気づき”を提供するブランドです。

 

Herzの体験を通して生まれたあなた自身の気づきが、周りの人へ自然と伝わり、笑顔が伝播していく。

そんな、ちいさな幸せが循環していくコミュニティづくりを目指しています。

 

「年齢を重ねることが楽しくなる」

「去年より今年の自分、なんか好き」

と、自信をもって言える人たちがこの世界にどんどん増えてほしい。

好きを優先する勇気を持って、気持ちの良い人生を歩んでいって欲しい。

 

私は、Herzは、そう願っています。

 

本当に大切なものは、余白の中にある。

このブランドが、これからの時代を生きる女性たちに余白をもたらし、みんなが自分らしく生きていけるきっかけとなればうれしいです。

 

舟山久美子

bottom of page